PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
TWITTER
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
このブログで調べ物は?
プリケツ
今週末まではすることがたくさんあるので、優先順位を考え、心の余裕を失わないように意識しながら1つずつ片付けています。←苦手
秋の空は格別にきれいなのでヘッドルーペを外してぼんやり外を見たり、緑茶を入れるのに温度を計ってみたり。こんなことしてる場合じゃないかな、と思いながら塩レモンも仕込んでみました。使えるんだろうか(^-^;。
何事も集中とリラックスが大切なのです。


さて、オールオーバーウォッシュが終わったらポイントに朱を差します。結構時間が掛かってしまい、まだ終わっていません。
お尻色々。
今回は某人物の「プリケツ希望」の一言でプリプリもしてみました。


左がオールオーバーウォッシュしたヘッド。
真っ白はいつかカイとゲルダを作る時にするとして、やはり色がある方が可愛いです。



昨夜「アナと雪の女王」で盛り上がって、「雪の女王」と言えばアンデルセンのアレでしょう、てことでカイとゲルダです。
話の内容はほとんど忘れていますが、カイの変貌ぶりが印象的でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 彩色から組み立て | comments(0)
柔らかいような小さな手足
台風の後の強い風で家中の空気が入れ替わって嬉しい反面、埃が舞う舞う。

今日は出掛けるので続きは帰宅後。


ビスクですから当然カッチカチに硬いんですけど、もしかしたら柔らかいのかも知れない。
そんな気がするのは私だけ(*^ω^*)?
今日も幸せ。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 彩色から組み立て | comments(0)
ほんのりピンクな
今回はピュアホワイトを使って鋳込んだので、焼き上がりは白くてそのままでは血の気が足りません。
もっと血色の良い色になるように全体に色を塗って焼きます。

そうするとほんのりピンクに色付いて、メチャクチャ可愛くなるのです。

またここに朱を差します。
そうするともっともっと可愛くなるのです。

楽しい〜。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 彩色から組み立て | comments(2)
今回のメンバー5体
お嬢さん方、今回は下の写真のメンバーで。
他にもたくさん↓控えていますが、いろいろと問題がありまして…。



原型、石膏型、鋳込み、焼成、絵付け。
一連の作業ですべて新しい試みをしました。
その結果、とても満足です。
もっと様々な人形を作りたいと強く思いました。
物を作るとはなんと楽しいことでしょう。

…と確かに過程には満足です。
が、仕上がりは…。
問題があるのです。
でも可愛い(いつものアレですよ)のでイベントに出します。

きっと間に合うと思うんですよね。
左から⇒、百合さん、ひまわり、牡丹ちゃん、菊ちゃん、つつじ。


こちらにはクーガラス店さんの4ミリのグラスアイが入っています。
眼を入れた瞬間にただのモノだった人形に命が吹き込まれるようでした。
人形作りの醍醐味かもしれません。


今夜から作業場にストーブを点けました。






にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 彩色から組み立て | comments(0)
これもビスク製


甲虫の幼虫風芋虫のキャッピーちゃん。
ビスク製。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 彩色から組み立て | comments(0)
人の苦悩は蜜の味
余り順調でない鋳込み作業の途中で息切れしました。
もういやだ、やめてしまいたい、ひるねしたい…。

そんな時に郵便屋さんが素晴らしい物を届けてくれました。
(後日ゆっくり自慢したいと思います
いつまでも見ていたい、触って、写真撮って遊びたい!
人形作って掃除してのループはもういやだー。

そこで、思い切って小休止したほうが効率化につながる、と作業場を離れネットしていたら、創作で苦悩する皆様のブログが次々と♪

あぁ、人の苦悩は蜜の味。
苦しいのは私だけじゃないのね♪

と、妙に和んでしまった頃にテスト焼成が終わりました。
早速組み立て。
磨いてないし、調整もしてないけどモチベーションだけは上がります。

左が『菊ちゃん』、右が『ひまわり』
(菊ちゃんの股関節の納まりが悪いのは、ちゃんとクリーニングしてないせいかと思ったら、左右逆でした)



試しにグラスアイを当ててみたらとても可愛くなりそうな予感がしたのでまたヤル気アップ。
さあ、好きなことを存分に出来る幸せをかみしめながら頑張ろう。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 彩色から組み立て | comments(2)
組み立て終了
破損が続いた時は投げ出したくなりましたが、今はドーパミン大放出しているようで無敵感が漂いまくっています。

後2日もあるからきっと大丈夫!
高麗人参入りカフェインドリンクも飲んだし!


さて、組み立て完了しました。
パーツが足りなくなって思いのほか少なくなりましたが、まずまずです。

『プチュ』は作り進めるに従って「雛菊に似ている」と思えてきましたが、比べるとそうでもありませんでした。
左:雛菊、右:プチュ
プチュは36センチ。

スグリは白玉ちゃんより小さかった。
左がスグリで右が白玉ちゃん。顔はスグリの方が大きいです。
スグリ1.9センチ。

中々のクールビューティーです。
白眼がないグラスアイです。

タケくんはもっとたくさん並べたかったけど、気が付いたらこれだけ。
タケくん1.6センチ。

知念さんたち、手足が大きすぎました。
次にこのタイプの原型を作る際にはもっと手足を小さく細くしないといけないようですが、出来るかな。
素焼き後、お股にあるものが折れてしまい、つい「ポコ○ン折れたっ!」と叫んでしまったら、家族が飛んできて「窓開いてるのにそんなこと叫んだら駄目!」と注意されました。
確かにまずいです
知念さん達1センチ。

絵付け焼成をしながら掃除をしました。
散らかってると意欲が減退するので作業毎にリセットするのが理想です。
その片づけ途中で何気に皿の中のオーブン粘土を丸めたら、先日作った原型でした。
あーあ。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 彩色から組み立て | comments(4)
小さい・薄い・壊れやすい
組み立てにこんなに時間がかかるとは。
きっと焦りがあるからだと思いますが、立て続けに破損も。

ヘッド以外を繋げたタケちゃんのボディを落としたらギリギリしか数がなかった腕が折れました。
知念さんを繋いでたらゴムを引きすぎてボディが割れました。
今までにない経験。


とっておきのグラスアイは瞬間接着剤で固定したので回収できず。

投げ出したい気持ちになりますが、
お祭りを楽しむためには今頑張らねばなりません。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 彩色から組み立て | comments(0)
彩色は楽しい
彩色には今夜のようなひんやりとした静かな夜が良いようです。
加えて楽しみなことがあると予想外に調子良く進められます。

それにチャイナペイントの濃度と筆のコンディションが合えば言うことありません。
今夜は全てがばっちりです。


『プチュ』
オバさんぽいですが、それがまた可愛い(←いつもの)。


今宵一番の睫毛。

こんな顔の役者さんがいたような気がします。
『柳』改め『タケくん』はこんな顔になってしまいました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 彩色から組み立て | comments(0)
高温焼成中に名刺作り
本焼きは1200度です。
スタートから取り出せる温度になるまで12時間かかります。
本当は夜寝てる間に焼くはずでしたが、予定は狂うものです。

焼いてる間、寝てても仕方ないので名刺の裏面を作りました。
手前が今回のです。

イベントごとに新しくするつもりでしたが、毎回ギリギリで余裕がないので久しぶりです。
たくさん用意しますので、ご来場の皆様、是非一枚お持ち帰りください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 彩色から組み立て | comments(0)
<< | 2/8PAGES | >>