PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
TWITTER
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
このブログで調べ物は?
<< リミテッドの人形「 オリーブ」 | main | 完成までの >>
「水晶」再び

 

かつては「一度作った人形は、あぁこうなるんだ、と分かってしまうのでもう作らない」と考えていました。

それを覆したのが「カアくん」でした。カアくんは販売した人形をとても気に入っていたので、もう一度同じものを作りたい、と3度鋳込みましたが同じものは作れませんでした。それ以降、やはり鋳込みは一度きりになっていました。

再度鋳込んだのは、この「水晶」。昨年のドールワールドフェスティバルにて2体仕上げて販売。気に入ったので残りパーツを生かしたいと再び鋳込みました。

 

しかしながらこの水晶はアイカットが厳しい。原型からして目の縁が薄くてアイカットする度にパリパリ小気味好く割れていきます。時間ばかりがすぎる中、失意の私は水晶を仕上げる意欲を失ってしまいました。ダラダラと過ごしている時に公募展の知らせが入り、自信を持ってお見せできるのは水晶だ、とヘッドを3つだけ鋳込んで作業を進めました。その

 

結果、一つだけ仕上げられたのを公募展に持っていきました。私の水晶、小さいけどとても美しく凛とした表情でお客様をお迎え出来たと思っています。

 

その後、中途半端にグリーンウエアが残りました。ボディだけは組めそうだけど、ヘッドがどれだけ生き残れるか。カオナシでは話にならないので意を決して石膏型を新たに作って鋳込みました。

が、またあの苦痛を、いえ、大げさですけど、あの「良いとこまで削れた!」と思った瞬間にパリンと割れた時の落胆を思い出すと、どうしても作業を進めることが出来ませんでした。

そうしてまたしても月日が流れて一年半。この度やっと、仕上げられました。

あの純粋で透けるような水晶が、やっと手元に戻って来た喜びを感じました。

 

でもすぐに幸せ求めて旅立っていきました。

それで良いんだと思います。

時に投げ出したくなりながらも大事に大事に作った人形を嬉しそうなお顔で迎えてくださる、そのことが人形を作る喜びの大きな一つと思いました。

 

感謝の気持ちを伝えるのは簡単なようで難しいですが、私の喜びはいつまでもじんわりと心の中に広がっています。

 

ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| - | comments(0)
コメント
コメントする