PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
TWITTER
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
このブログで調べ物は?
「花ちゃん」
そろそろうんざりしてこられたであろう原型紹介もやっと終わりです。

最後は「花ちゃん」。これは古風なお嬢様人形と思って作っています。以前作った「ぷちゅ」とはまた違うけど、そんなような感じでパチもんアンティークドールを目指す気も少しあります。
アンティーク=古風で、古風な名前…。それがなかなか決まりません。古風過ぎて老婦人の様だったり、それならいっそと浮かんでは消えするキラキラネーム。しかし、名前に凝る前に作業を進めろよ、との内なる声に従い、古風?で読みやすい「花ちゃん」にしました。原型の名前なんて何でもいいのです。私だけが分かれば。ネタがないから嬉しそうに書いてるんだな、とお察しください。

体型はやはりぽっちゃり。でもほどほどに。

写真は鼻筋が歪んでますが、直しました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原型制作8 | comments(0)
「ほおずき」
ビスクは型抜きなので原型には違いを出したい、と何度も書いてきました。
今回は、練習のつもりでどんどん作った顔が全部可愛く見えて来るという、止まらない自己愛でここまで原型が増えてしまいました。

こちらの「ほおずき」は丸い頭が印象的です。

スカーレットヨハンソンの「アンダーザスキン」を見たので鼻はそんな感じにしたかったのに、どんどん変わっていきました。それはそれで、そもそも顔が丸いからスカヨハにはなれないから良いんです。なのに、分かっているけど、つい「スカヨハは赤い口紅が似合うよな…」とマジックで塗ってしまい大変な事になりました。あまりにブチャイクなので放置してたのですが、何のことはナイ、シンナーで落ちました。しかし、放置期間中に「この原型はファニーフェイスだ」と決めつけてしまい、思い切ったアレンジでいつもの顔とはかなり違うような気がします。

この様な顔ですが、和装にするつもりです。

体型は平べったくします。「人体は筒だ」と以前ネットで読みましたが、身近な人体はどこまでも「板」なのでとても参考になります。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原型制作8 | comments(0)
「紋士郎」もしくは「紋白卯」
子供は経験がなくて思慮が浅いけどちゃんとした意思を持った一人の人間であるから、子供だからと軽んじたりしません。話し言葉は丁寧で分かりやすい言葉を心掛けますが、いわゆる幼児語は使いません。経験を積んだ大人と対等に扱う訳ではありませんが、上から目線で頭を撫でるような事はしません。子供と関わる際の私の姿勢です。

この原型は幼児的な手足の太さにしますが幼児ではありません。
世の中の事をじっと見て脳をフル稼働させて自分なりの解釈をしています。言葉に出さないけども考えているのです。ただ、何を考えてるのか、私たちに教えてくれないだけです。

右上がりなのはウチの標準仕様です…。


左の唇がまくれ上がってる気がしますが、溶きパテが付いていてそう見えるだけです。
全体にサーフェイサーを吹くと細部が潰れるので、部分的に溶きパテを塗っていますが、まだらになってあまり良くありません。何かすごくて素晴らしい方法はないかと考えますが、喉元過ぎたら厚さも忘れてしまいます。

そうそう、「紋白卯」という名前。
それは…!モンシロチョウを背負わせたいなー、ってそれだけ。
ウサギも可愛いし。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原型制作8 | comments(0)
「木漏れ日」
泉ちゃん」は顔を整えている内に「泉ではない…」と思うようになりました。
もっと密やかな存在にしたい。

「不幸だとか幸せだとか他人に判断されるのではなく、自分がどう感じてるかが大切。だから私についてあれこれ期待したり同情したりしないで」と、そんな風に我が道を行くこちらの原型は「木漏れ日」としました。太陽がないと存在できないけど、存在できないからと言って、それが何だというのでしょう。彼女は彼女の道を行くのです。

以前とあまり変わっていない様に見えますが、最初とは随分変わりました。最初の方が表情があったようにも思えますが、看過できない歪みがあったのでそのままには出来ません。

この原型はある物語の主人公的衣装を作るつもりです。
出来ないと格好悪いから、今はまだ思ってるだけということに。
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原型制作8 | comments(0)
「水晶」
原型紹介が続いていますが、全く以て面白味のない写真ばかりですね。もっと華やかなブログにしたいので、制作過程だけでなく仕上がった人形をバンバン載せましょう。そのためにも作らねばなりませんが、足作るの面倒臭い。

さて、今日ご紹介するのは「水晶」。←何だかテレビショッピングみたいになってきました。

「水晶」は、心が汚れ切った大人の私が作るにも関わらず、澄んだきれいなものをたくさん集めた純な雰囲気を纏わせたいと思っています。

複数の原型を作る時に、なんとなく「イチオシ」があります。はっきりとはしてないのですが、私の中でだけ主役になる原型。 以前に作った「木陰」や「暦」がそうです。
今回は「水晶」がイチオシ。一番思い入れがあるような、そんな感じです。

なのに。瞼が薄くてつい削り落としてしまい3回くらい直しています。
もう、嫌になりそうですが「イチオシ」ですからとことん大切に作っていくつもりです。

「水晶」は頭の先から腰までで3cmですから、脚を作ったら5cm弱になります。

原型の時はとても可愛くなる予感がするのに、出来上がると今ひとつだったり、こんな原型ダメじゃない、と半ば見放していたのがとても可愛くなることがあります。
偶発的要素は排除して作業を続けたいと思います。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原型制作8 | comments(0)
「ハコベ」
何度も何度も修正している内に何が何だか分からなくなった原型。そんな経緯があるからか、哀愁を感じるのは私だけでしょうか。

鼻とほうれい線が「ハム」みたいで「ハム太郎」と思い浮かんだのですが、今期の私のテーマは「素敵ネーム」。「ハム太郎」なんてもっての外。「ハム太郎」がダメなら同じ齧歯類の「リスちゃん」、とも思いましたけど、リスではないんですね。リスはもう少し利口な感じがします。いや、別にこの原型がアホっぽいとかそんな事ではないんですが。
小動物から離れよう、そうだ、花の名前とか付けるんだった、と思い出して一人連想ゲームを始めた結果、浮かんだのが「イヌフグリ」。いやいやいや、…人形の名前にフグリはないよね。確かに小さくてひっそりしてて可憐で魅力的な花ですが、犬のタマタマなんてねー。イヌフグリの別名天人唐草というほどたいそうな人形じゃありません。天人唐草と言えば、山岸涼子さんの漫画で「天人唐草」。怖かった。
脱線しましたが、イヌフグリのような可愛い花、と浮かぶのがハコベ。小学生の頃インコを買ってたのでそこら中に生えてるハコベを毎日摘んでました。ハコベより苦味を感じるような名前の方が似合ってそうな苦渋に満ちた表情にも見えますが、私はそんな辛そうな人形は作りません。これからどんどん幸せエナジーを詰め込んで仕上げていきます。

小さくて目立たないけど、よく見たらとても可愛い花「ハコベ」、そんな人形になる予定です。


「このオバちゃん、本当に可愛くしてくれるの?」と語りかけるように見えるのは今の内だけ!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原型制作8 | comments(0)
「黒豆」
今回一番小さい原型は「黒豆」。眼が黒々としていますね、なので黒豆。
原型に「〜豆」と付けたいのですが、今までにつけたのは「小豆」に「間作(大豆)」くらいでしょうか。一時は様々な種類の豆を買っては煮て食べていたのに、最近は大豆のみなので豆と縁が遠くなっているのかも知れません。また美味しい豆をたくさん食べよう。

「黒豆」は3.2cmになる予定です。


身体を豆のような「殻」にしようかと思ったりもしましたが、それはアレンジバージョンで。基本は人体にしたいのです。
でもいつか、本物の豆に頭と手足を生やした様な人形も作ってみたいです。豆だけでなく、クルミやうずら卵の殻なんかをボディにするような「頭と手足キット」を作ってみるのも面白いかな。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原型制作8 | comments(0)
オーブン粘土使い分け
淡雪は鼻と口を削り落として作り直したのですが、それでもまだ右寄りだったので、再度作り直しました。


何故でしょう、実物は可愛いのにこうしてみるとなんだかなー、と溜息が出ます。写真は真実を写すと言いますが、そうでもないこともきっとあるのです。実物は可愛いのです。

鼻がほんのりピンク色なのは粘土の種類を間違えないように赤色を混ぜたからです。
粘土はスカルピーとプレモを使っています。正直なところ、どっちがどっちでもそんなに変わらないのですが、今使ってるスカルピーは柔らかく、盛り付けに最適です。でも柔らかいので指を作る時には扱い辛く一応使い分けしてます。

あれ?盛り付けならスカルピーなのでは?と思うでしょ?何故プレモなのでしょう?
つまりはどっちでも良いってことでしょうか。
たまたま手に持っていた粘土を使ったのでした。

左の塊が赤色プレモ。真ん中がスカルピー。右が色付きスカルピー。





にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原型制作8 | comments(0)
つゆり
タレ目のカレは「栗花落(つゆり)」という素敵ネームにしました。これが出来上がる頃はもう梅雨入りしてるかな、とそれだけですが、変な名前より素敵な名前の方が素敵に出来上がるはずです。

まだ口が右寄りなので直さなくてはなりません(あぁ、面倒臭い…)




修正前↓は憂いを帯びた青年のような顔でしたが、すっかり僕ちゃんに。「鞭棄」なんて言ってたのは気の迷いでしたな。
余談ですが、「少女椿」実写化のPR映像観ました。あんなのなら作らない方が良いのに。



人形を作る際には設計図を描くようですが、小さい顔はほんの少しの事で雰囲気が変わってしまいます。同じ大きさやバランスで作っても設計図イラストとは別物になるので、随分前に設計図を描くのは止めました。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原型制作8 | comments(0)
「ほうせんか」
この原型、口をとがらせて頬を膨らませて何か不満があるのかのように見えますが、ビスクにしたらきっと可愛くなると思います。

頬をつついたらパンと弾けそうなので「ほうせんか」。小さな爪は紅色に染めましょう。


鳳仙花は熟した果実に触れると種が弾け飛びます。面白くて家の花壇に生えてた鳳仙花で何度も遊びました。また栽培してみたいけど我が家には植えるスペースがありません。残念。

鳳仙花と言えば、「悪魔の花嫁」の「爪紅の神話」を思い出します。最後の場面がえええーっとなるのですが、全体にきれいな漫画で愛読していました。デイモスも格好良くて素敵なんですが煮え切らない男で、…全く。全巻持ってたのに手放してしまい、のちに文庫版を買ったら収録順が連載順と違い、「違うんだよ!」と一巻しか買いませんでした。また読みたいので電子コミックか!?と思わないでもありませんが、あれは愛蔵版としてちゃんとしたのを持っておきたい。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原型制作8 | comments(0)
| 1/2PAGES | >>