PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
TWITTER
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
このブログで調べ物は?
新しい顔

まだまだ仕上がってない人形もあるのに同時進行はどうかと思いますが、意欲のある時に作らないと後で大変なことになるので少しづつ作っています。

 

少しのことで変わってしまうのでなかなか思うように出来ませんが、それぞれ個性的な人形にしたいと思います。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 作ってます | comments(0)
目から鱗の石膏型作り

ビスクドールを作る過程で一番苦手なのが石膏型作り。

 

短期間にたくさん鋳込むので硬い型の為に混水比0.45の歯科用石膏を使っています。確かに美術用石膏より硬く出来ますし満足していますが、練和はいつも悩みながらです。石膏の溶き方は概ねどこでも「水に石膏を振り入れて石膏が沈むまで静置して…」と書いてありますが、石膏100グラムに水45グラムでは石膏沈み切りません。静置しても振動与えても石膏は沈みません。仕方ないからスパチュラでグイグイと無理やり沈めて練和します。それで上手く出来る時もあれば気泡だらけで作り直しの時もあります。

 

何とかならないかと試行錯誤を繰り返してきましたが、今一つ上達せず毎回苦悩してきました。

ところが先日、衝撃的なサイトを見てしまいました!

【藤原陶芸洋品店】石膏型の作り方(小さい型編)

なんと驚き、ビニール袋を使って練和しています。

なんで?こんなの気泡入りまくりじゃないの!?と怯みましたが、続けてこんな動画を見てしまいました。

【新発想の歯科用石膏の練和法】

まず石膏に水を入れているので「え?」となります。次に荒々しい揉み方に「ぎょぇぇぇぇ〜!」となります。でも続けて見ていくと「ほうっ」と溜息が出るほど華麗に流し込んでいます。混水比0.24なのに滑らか!もう、これは試してみなくては。

 

100グラムなので小さなチャック袋を使いました。石膏を入れた後に水を注ぎ荒々しく20秒ほど揉みました。底の角を切って流し込みました。とても上手く出来てしまいました…。

今までの苦悩は何だったのか不思議なくらい簡単手軽に石膏の練和と流し込みが出来ました。感激です。情報発信された藤原陶器洋品店様と粟盛亮様にただただ感謝しています。

 

小さい石膏型作りでお悩みの方、是非お試しください。

 

 

 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 石膏型を作ります | comments(0)
カップの底

前回失敗について書きましたが、大体は「ああ、またか」でおしまい。

 

水を計ろうとしたら漏れてるので「おやや?」と、確認したらこんなことに。

底がくり抜かれていました。

 

何したかったんだろう、私。なぜ加工したカップを元に戻したんだろう、私。

 

ちょっとおかしいのが当たり前くらいに思っておけば

…、と言う訳には行きませんけど失敗したらやり直せば良いんだからくよくよしない。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 作ってます | comments(0)
修復

何回やっても失敗する時は失敗しますし大いに落胆します。「作りかけのもの全部踏み潰してやるぅぅキィィィ!」とヒステリーを起こしてみたり。

 

悔しいのはクリーニング済ませたグリーンウェアを落とす、またはグリーンウェアの上にモノを落とすこと。そんな時は時間が止まるというか、自分の周りだけ全て動かない様な感覚に陥ります。

大袈裟ですけど、その時はそう思います。

 

先日そんな失敗をしました。特に苦労したパーツがバッキバキ。窓辺に乾燥中の石膏型をプレートに入れて並べてた→プレートが風に煽られて手前の植木鉢を倒した→置き場がなくて床に並べてたグリーンウェアを植木鉢が直撃。どうしてくれようかとワナワナと震えてみたものの、そもそも整頓してない自分のせいなので、植木鉢のクチナシが無事だったことを喜ぶことにしました。折れた枝はこの通り。

もう発根しています。

それにクリーニングしながらも気になる箇所があったので、これは「もっと良い物を作りなさい」という仏様のお告げかもしれない🌟、と気を取り直して…。

 

そして何週間か。

やっと気になってた部分を直して石膏型を作る準備が出来ました。

「木漏れ日」です。

こちらは童話の少女の扮装をさせたいと目論んでいます。

普段からオリジナリティに拘る余りに着想を借りることに抵抗を感じてますが、失ってしまったとある本を思い出し、もう手にすることは多分ない、夢中で読んだあの本を私の自己満足的に再現してみたいのです。

 

「可愛い人へ。お菓子の絵本」、夢が詰まった本でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 原形8 | comments(0)
衣装付き

苦労して作ったからと言ってもダメな時は没です。

前回紹介した、麦ちゃんのブラウスは布のハリがあり過ぎて思うような仕上がりにならなかったので没。何とか使いたかったけど仕方ないのでサッサとあきらめました。

 

いつもに増して衣装を縫う時間がなかったのですが、縫うのは早くなったのでサクサクサクッと縫いました。全部縫えなかったことに関しては、お聞きいただけるなら延々言い訳を語ってみたいところですが見苦しいので止めておきます。

 

さて、仕上がった人形たち。

まずは「黒豆」。

広がらないボブをテーマにカツラを作りました。衣装は絹の標準ドレス。胸元に金色とパールのビーズが付いています。

銀髪の方がより上手く出来ました。

これからボブの人形が増えていくでしょう。

 

続いては「紋白卯」たち。前ポケットに何か入れたかったのですが、かつて作ったミニチュアフードを出すのが面倒で空っぽのままです。髪はモシャモシャを植えるように接着してからカットしました。

金髪で洗礼服でも似合いそうですが、私の好みはこうなのです。

 

「花ちゃん」はもっと楚々とした少女にするつもりでしたが、いたずらっぽい目がそうはさせません。

夏休みに田舎を駆け回ってる女の子かも知れません。

奇跡の一枚。

 

「花ちゃん」のお友達(多分)の「ほおずき」は着物少女。

もう一体あったのにボケボケの写真しかないのでこちらだけ。

今を時めくヒロセスズ嬢の髪を頭に思い描きながらカツラを作りました。カットだけでなく貼付けの段階でかなり工夫したつもりですが、あまり関係なかったようです。

くるくるの明るい髪にワンピースでも似合うかも知れません。

 

イチオシの「水晶」。

自分で言うのもなんですけど、イメージ通りに作れました。とてもピュアな感じがします(←自画自賛だからイイの)。

ポニーテールもなかなか似合います。赤い爪先もイイね〜♪。

 

「ほうせんか」も思った通りの人形になりました。

これもポニーテールです。もう少し作りたいけど、絵付けで脱落したのが多くて躊躇します。

 

そして間に合わなかった人形たち。

これはこれでボディの形状などを説明するのに役に立ってくれました。

衣装のない花ちゃんも可愛いでしょ?

 

ぼちぼち衣装を作っています。

 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 作ってます | comments(0)
衣装作りの苦悩

本体が出来てイヤッホーイ♪と喜ぶのもつかの間、衣装を作らなくてはなりません。

 

衣装がワンパターンに陥らないようにと色々考えるのですが、デザインや技術の前に布の状態という高い壁が立ちふさがります。

薄くて柔らかくて透けない布。

そんな理想の布はないかといつも目を光らせていますが、薄くて柔らかいのは割とありますが「透けない」のがないのです。今のところ一番使えるのがアンティークリネンですが、どうも華やかさに欠けるし下手すれば寝巻に見えます。リバティのタナローンは薄くて透けないけど柔らかくはありませんので4センチ以下ではAラインのワンピくらいしか様になりません。

 

と、言い訳をしつつ「麦ちゃん」の襟付きシャツを作ります。

針が細いのですぐに曲がります、そして突然ポキッと折れます。今回2本折れてショックでした。

このタナローンの白無地は縫いやすいです。

 

作業は仕上げ饅頭の上でします。汚れても良いように毎回布を張り替えるのですが、今回ジャージでやったのでとても良い感じ。

 

出来た!と思ったら襟が今一つ。ボタンホールをかがる前に気付きたかった…。

 

型紙を少し補正して作り直し。ちゃんと襟を確認してから先に進みましょう。

マチ針は自作。簡単に作れますので、小さい衣装を縫う方にお勧めします。

【マチ針の作り方】

 

 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 作ってます | comments(0)
結局一緒

 

組み立ててしまうと次なる汚れ作業が始まってしまうのですが、暫し一人ウハウハを楽しみます。

下の写真は左から、水晶、ほおずき、黒豆、麦ちゃん、紋白卯、ほうせんか。

目指すところのそれぞれの違いは出ているのでしょうか。そもそも違いを出したいと言っても、結局自分の好みの幅はそんなに広くないので「つもり」なだけかも知れませんが、「あのひといつもいっしょのにんぎょう」とは言われるのは嫌なのでもっと冒険して見なくては。

 

栗花落と黒豆。

ボディが似てる…。確かに間違えてたしな。でも次はもっと考えてあるから大丈夫。

 

キャンディと麦ちゃんはもっと違うはずだったのですが、こんな感じ。

胴体に大きな違いがあります。いや、よく見たらすべて違うし。よく見なくても違う。

 

はげぬーどを楽しみたいところですが、時間がないのでカツラを作ります。

磨き作業で荒れた指先には辛い。

引っかかるのです。

 

三つ編みちゃん誕生の為にはムゴイこともせねばなりません。

台はとても便利な仕上げまんじゅう。衣装作りに欠かせません。これまた無意味にたくさん欲しい。枕にしたり座布団代わりにしたり、きっと役に立つと思うけど役に立てることが出来ない自分の姿が見えるので2個で我慢しています。

 

 

 

 

 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村

 

こちら、嬉しがってツイートした「捨てられずに溜まってしまった”わしたぽーく”の缶切りの有効活用」の図。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 作ってます | comments(2)
一番好き

本焼きが終わったら、もうゴールにたどり着いたような気分になります。しかも本焼き中の12〜15時間はすることがないことにして掃除にいそしんだりして気分転換にもなります。絵付けに向けてきれいになった部屋は、先日までの汚部屋とは別物でヤル気が湧いてきます。



 



今回は赤を濃い目に塗りました。



手先足先が赤く染まると血が通ったように思えてくるので出来上がりに期待が持てます。





真ん中の円柱は温度測定用のノリタケチップ。



 



前回一番良かった筆が今回もそうとは限らないので、タイルに試し描き。





 



顔で一番難しいのは眉毛。右は得意なのですが、左が苦手。自分の眉は左が得意で右がダメ。





 



そしてプリケツ!



以前ある方の「お尻はプリッとしてる方が可愛いわぁ」の一言を聞いて以来、お尻はプリプリ!





エロスや写実を追求してない小さな人形に性的表現は必要ないと思いますが、お尻は別です。お尻は年齢や性別や生活習慣を語る大事な部位です。今回もそれぞれのお尻の違いをくどくどと説明したいところです。



 



 



そして突然、ジャジャーン。



今回は腿にワイヤーを通すタイプのが4種類あるので、0.4mmのステンレスバネ線を短く切って使います。



ゴム通しに使うカンシがありますが、実際に使ったのは目玉クリップです。



落ちても破損しにくいようにビーズマットを敷いています。





 



少しずつ組みあがっていきます。



この工程をもっとゆっくり楽しみたいのですが、いつもそんな余裕なんてなくてよ。





 



あぁ、楽しい。





 



でーきた♪。





 



この工程が散らからず汚れないので一番好きです。



 



 



 




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村



 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 作ってます | comments(2)
整列

ビスクドールの作り方はその人それぞれのやり方はありますが、基本的に大きさで違いはありません。

 

私は一気にたくさん鋳込みます。

大きい人形のように少しずつ鋳込んで丁寧にクリーニングする方が効率が良い気もしますが、なんと言っても窯に少しだけ入れて焼くのがもったいない。どうせならいっぱいいっぱい詰めて焼きたい。それだけではありませんが、とにかくたくさん鋳込みます。

始めは作業机周りはそれほど汚染されませんが、3日目くらいになると諦めの心境になります。

これだけ没です。

鋳込んだグリーンウェアを取り出す時に折れることがありますが、本焼き後全く分からないくらいに修復出来ます。没になるのはポーセリンスリップが行き渡っていない場合です。顔の場合は鼻の先や目蓋がないと没。手足もそもそも充填されてなかったら形にならないので没。手足の指先がどうしようもなく折れたら没。薄すぎたら没。異物混入も没。今回は顔の没率が高くて悔しい思いをしました。

 

鋳込みする数の目安ですが、4体作りたかったら1.5倍の6体分の体パーツと2倍の顔を抜きます。顔はアイカットで破損するので多めに抜きます。また、同じモールドでもアイカットやペイントで顔が変わりますし、気に入った顔を使って組み立てるために出来るだけ多く鋳込みます。

 

グリーンウェアのクリーニングが終わった状態。かなり減りましたが、まだ心に余裕があります。

 

素焼きが終わるとひと山越えた気分です。

窯に入れる前に棚板に並べます。並べるのが大好きなので、時間が迫っていても30分くらいかけてパーツのチェックをしながら並べます。時に苦しい作業もこういう楽しいことがあるから頑張れます。

 

焼き上がり。

似たようなパーツが多くて訳分からなくなってしまったので、適当に並べてます。不本意。

 

やっと本焼きです。

ちょっと並べるのが面倒になってきました。

 

 

 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 作ってます | comments(0)
確かにそうだ

気が付けばもう夏ではありませんか。

ドールワールドフェスティバルが無事に終わり、次はなにしよう、なんてぼんやりしていると、気が付けば秋になってるのでしょう。

そのドールワールドフェスティバルですが、浅草に会場を移してからは回を追うごとに盛況になっているようです。

 

今回も相も変わらず直前に仕上げることになってしまいました。私自身としては実にいたし方のない理由があるつもりですが、客観的に見るとそれは「言い訳」の一言なので、「次こそは」と取り敢えず言っておきます。次こそは「とっくのとうに出来てしまって退屈だわ」くらいのセリフを決めてみたいと思います。

 

さて、前回まだら灰色の原型だったのがどうなったのか。

まずは写真をご覧ください。

仕上がったのはこれだけです。

10種類の原型が各4体ずつで40体も並ぶはずだったのですが、おかしいな。

 

 

明日以降に続きます。

 

 

 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へにほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ| 作ってます | comments(0)
| 1/90PAGES | >>