PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
TWITTER
LINKS
ARCHIVES
OTHERS
このブログで調べ物は?
宝飾の街/人形の国/動物の森

東京渋谷ではじめて最大規模の手づくり博
「宝飾の街/人形の国/動物の森」
8月28日(火)から9月2日(日)まで

 

本日から開催です!

今回は人形を出品しただけではなく、展示のお手伝いをしてきました。

今まで様々なイベントに出ましたが、殆ど自分で展示販売でした。しかも私の作品は小さく、展示はシンプルが好き。ものの15分で完了でした。お店やイベントで委託する際も同じような感覚でいました。

 

しかし、それは間違っていたようです。

荷ほどき一つにしても、人様の作品を扱うには気を使います。数を数えるのも間違いがないように何度も何度も繰り返します。勿論壊れない様に細心の注意を払います。出す時は良いけど入れる時どうするんだろう、と不安を感じることもありました。指示書に書いてあるのと現実が違って悩んだり。指示書がない場合は、少しでも魅力的に映るにはどう並べたらいいのか頭をひねったり。

 

いつも「お任せ」と送りつけていたけれど、お店の方々はそんな風に考えて下さってたと思うと感謝と申し訳ない気持ちでいっぱいです。これは本当に心を入れ替えないといけないな、と思います。

 

と気疲れはしましたが、それ以上に作家さんたちの作品をいつもとは違う視点で見ることが出来、私が並べた方々の作品に愛着まで感じてしまいました。そして、欲しい…。

 

2日には搬出のお手伝いに行きます(もちろんそれまでに目をつけているアレとコレとソレと色々買いに行きますが)。搬出以上に大変そうに予想されますので、イベント会場中が空っぽになるくらい買い尽されることを願っています(でも私が目を付けたアレは残ってて!)。

 

さぁ、お財布握りしめてGOよ。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
| 作ってます | comments(0)
お役立ち

暑さのあまり希望を忘れてしまいそうでしたが、昨日今日と涼しく元気が満ちてきます。

さて、人形を作りましょう。

 

箱の入れっぱなしのグリーンウエアと素焼き。数を数えて足りない分を鋳込みます。

さぁやるぞ、と思っても、たくさんあるのを見るとゲンナリ。少しずつ鋳込んで少しずつ磨いて、とすれば良いのでしょうけれど、汚れることはまとめて終わらせたい。

いずれにしても終わりませんが。

 

夏はアイスが美味しい季節です。

アイスはやはり棒付きを箱買い!
 

この棒がですね、何かと役に立つんですよ。

木のスプーンも大きいのをもらえると思わずニンマリしてしまいます。

ボンドを塗るのにはもちろん、2本カップに渡して排泥、簪にもしてしまいます。

便利なプラスチック製品はいくらでもありますが、木の良さは格別。

便利さより嗜好が優先です。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
| 作ってます | comments(0)
アンティークを見ながら

PCでブログを書くのが面倒でTwitterにちょっとしたことを書いていましたが、Twitterはどこまでも遡れるものではないと知り、備忘録としてこちらにも似たようなことですが書いておこうと思います。

 

最近はボディはつるつるではなく、凹凸をつけています。よく切れる彫刻刀を買ったので、いくらかは思うように出来るようになってきましたが、アンティーク(リプロ)ベイビーのふっくらしたボディラインを見るとまだまだだな、と思います。

そのアンティーク(リプロ)ベイビーのボディは時に謎の凹凸があります。それが胸なのか肋骨なのかシックスパックか下腹か。当時の子ども達はやや肥満気味の方が健康的と好まれたことを考えると、シックスパックはないでしょう。なのになぜが縦ラインがあったりして、最初はもっと大きく作られていたのが、ビスクからの複製で縮んでいく内に曖昧になったのでしょうか。

いずれにしても、自分で作るものは何が何であるかはっきり分かるようにします。

 

アンティーク(リプロ)は長年多くの人々の心を掴んできただけに、魅力的です(これは頂き物ですが、ゴムが伸び切ってバラバラで発見されました)。特に横顔の頬のぷっくりしたライン、耳、そして後頭部ですら愛らしいです。これは真似しようと思ってもなかなか出来るものではありません。いや、オリジナル志向なので真似はしませんが、少なくとも自分でも「これは黄金比か…」と己惚れられるくらいの物が作れるようになりたい。

 

アンティークのボディは参考になることがたくさんあります。アンバランスなのに圧倒的な説得力、デフォルメ、関節、繋ぎ方。

特に関節は、見た目より機能重視で分かりやすく、何が何でも写実でなくていいんだな、と思えてきます。

 

最近は無闇に関節を作るよりまずは美しい造形、と肘膝関節は作りませんでしたが、またチャレンジします。その為に、という訳ではありませんが、関節用の球(ビーズ)は各種コレクションしています。

球には木、ガラス、プラスティック、天然石などがあります。気に入って使っているのは焼いても変化がないガラスですが、問題があります、ツルツルしているため外れるのです。その度に瞬間接着剤などで固定しますが、佳境に入ろうかという時に外れるとどうしてくれようかと思います。同素材(オーブン粘土)で作れると良いのですが、小さなきれいな球を作るのは難しく、わざわざきれいな球を作り溜めるよりビーズです。型押しで半球を同化させるように造形出来れば一番ですが、そこそこの大きさでないと効果は望めないでしょう。

当分は時に叫びながらガラス球を使うことになりそうです。

 

アンティークの手の可愛さはまた格別です。子供らしい無邪気さえ感じます。私の作る手は、まだまだ肉付きが足りないようです。

しかし手は難しい。服を着せたら顔と手(と足)しか見えないとなると、手の表現は重要です。今は精妙に作ることを優先していますが、もう少し思うように作れるようになったら、ルネサンス絵画のようなポッテリした手を目指してみようと思います。

 

以前登録していてにほんブログ村、料金滞納でブログが一時停止していた間に退会になっていたようで、改めて登録しました。

励みになりますので、ポチッとしていただければ幸いです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
| 作ってます | comments(0)
電気窯の熱線交換

ここのところずっと、少し大きなもの(リプロの顔)などを焼くと白いぽつぽつが出来るようになってきていました。

温度設定を低くしてもダメで熱線を交換するしかないか、と思い始めました。

しかしながら、自分で出来るのか不安で、違う原因であってくれと思いつつメーカーさんに問い合わせたところ「熱線が劣化した結果、設定温度に上がるまでに熱量が大きくなり過ぎる」との事でした。なるほど納得なので、メンテナンス担当の販売店に問い合わせたら、ー分でやる、近くの電器店に依頼する、出張修理(今まで超大型窯での依頼が一件あっただけ&出張費高い)、との事。

取り敢えずー分でやってみてダメなら考えよう、と熱線を注文したのは1ヵ月ほど前。なかなか決心がつきませんでしたが、昨日やっと交換しました。

 

取扱説明書PDF

以下、作業工程を載せますのでご覧いただければ幸いです。

★セラミックウールが肌に付くといつまでもチクチク痛いです。

★掃除機を脇に置いての作業です。

 

‘呂い燭里惑線3本とピンがたくさん。

Petit 電気窯 熱線交換

 

▲優犬魍阿靴泙后3阿靴織優犬呂覆さないように。

Petit 電気窯 熱線交換

 

カバーを外すとこんな感じ。カバーが重くて驚きました。

Petit 電気窯 熱線交換

 

ぜ莪契睫製颪凌泙呂海ΔいΔ海箸任后この写真は組み立てる際に役に立ちました。分解する前には写真を取っておくのを忘れずに。

全部外しましたが、熱電対は関係ないので外さなくてもよいのでした。

 

コ阿垢里呂海離札奪肇椒襯函あっけないほど簡単に外れます。Lレンチは3个世辰燭4个世辰燭…。

 

Ε札奪肇椒襯箸魍阿垢箸海Δ覆辰討泙后これだけの接触で高温を発する電流が流れるのか、と驚かされます。

 

熱線を留めているピンをラジオペンチで引き抜きます。簡単に抜けます。

 

熱線はここから外側に突き出ています。

 

熱線はボロボロで、ピンを外しているとポキポキ折れてしまいます。ご苦労様でした。

 

新しい熱線を通しましたが、壁に沿いません。

 

そうか、真っ直ぐだからだ。

 

曲げます。ここで折れてしまったという話を聞いていたのですが、連日の暑さのお陰かすんなり曲がりました。寒い時期は温める必要がありそうです。熱線の端は3〜4cmほど余るので、試してみると良いでしょう。

古い線は90度にきれいに曲がっていましたが、新しいのは手で「くにゃ」っと曲げただけ。

 

しかし、そのままでは余って壁に沿いません。バネを縮めながら沿わせます。

 

きれいに収まりましたので、ピンを打ち付けます。

元の穴通りに差し込むのやギリギリまで打ち込むのにこだわってると、炉内レンガが傷つくので適当にガシガシ打ち込みました。ピンはかなり余りました。

セットボルトから突き出た熱線は、ワイヤーカッターで切り落とします。

 

これで交換そのものは完了。次にカバーを元に戻します。

簡単に外せましたが、戻すのはとても大変でした。何しろカバーが重い。穴にセンターポンチを差して隣のネジを固定していきました。

また困ったことに、上部のステンレスカバーが歪むのか、一部のネジがどうしてもはまらない。

 

飴廚ね召辰導犬魍阿靴泙靴拭これは正解、最初から外して作業をすれば良かった。ステンレスカバーは蓋の重みで歪んでいたので何とかはめることが出来ました。

蓋を外す際は上側のネジを外しましょう。下を外すと裏側のプレートが落ちて面倒なことになります。

 

 

これで熱線交換終了です。

 

カバーを元通りにするのに四苦八苦してしまいましたが、思ってたより簡単に交換出来ました。

これでまたきれいなビスクが焼けると思うとホッとします。

 

本焼きする物がなかったので、780度で試し焼してみましたが、順調に昇温していきました。

次の交換まで大切に使っていこうと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
| 作ってます | comments(0)
#グリモア堂

グリモア堂、間もなくです!

 

会期:2018年8月11日(土)〜8月13日(月) 10:00〜20:00(※最終日のみ18:00閉場)
場所:三省堂書店池袋本店4階 イベントスペース「Reading Together」

 

今回のテーマと人形はとても相性が良く、素晴らしい作家様が結集している様子がTwitterで見られます。

「グリモア堂」で検索してみてください。

miniaturebisuquedoll

私は森の妖精路線です。

 

自画自賛ですが(←いつもの)、雛罌粟人形堂の小さなビスクドールはとても生き生きとしています。

「もしかした夜中にこっそり動いているかもしれない…」と空想をかきたてる小さな人形を是非ご覧ください。

写真も可愛いですが(←いつもの(再))、実物はもっと可愛いです。

本棚の隅、食器棚のカップの中、グリーンの株元などにそっと置いてみてください。

あなたの部屋が不思議な空間に変わります。

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
| 作ってます | comments(0)
「妖精のヒナ」と卵の複製

毎日暑い日が続きますが、冷房や扇風機が苦手なので、だらだらと滝のような汗を流しています。秋風が恋しい反面、短い夏を満喫せねばと夏休みプランを練っています。積もり積もったアレコレを片付けるには計画的な行動が必要、とこの歳になってやっと気づいた有様。

 

さて、ありがたいことに、今年は様々なイベントで人形を見ていただける機会を得ています。折角の機会ですから新作を出したい、と鋳込み&クリーニングと同時進行で原型を作っています。

 

こちらは瞑り目&ヌードです。

miniaturebisuquedoll

自分の人形の値段が不当に高いとは思いませんし、それだけの価値があると思うのですが、気軽に購入していただけるとは言い難いです。でも、出来ることならご自宅で好きなだけ触って遊んでいただきたい、そう考え、手抜きはしないけど手間を省いてお手頃価格での提供にしたいと思うのです(とは言っても、最近の作品の中では比較的、というだけですが)。

 

ヌードでは寂しいので、卵に入れて「妖精のヒナ」に仕立てるつもりです。そんなことしたら、またズラリとたくさん並べたくなってしまいそうですが。

卵はうずら。鶏に比べて先が尖ってるけど。

 

ずっと机に向かっていると他の事をしたくなるものです。

そこで、机の脇にある粘土箱を整理していたら、使った事の無いオーブン粘土がありました。グレースカルピー?

そうそう、いつだったか「いつまでもあると思うな道具と材料」と危機を感じた際にスカルピーを買い溜めして(最近FIMOなので減ってない…)ついでに買ったのだと思います。FIMOはとても使いやすいのですが、弾力があるためヤスリを掛けにくいので、このグレイスカルピーはどうだ、と実験的に焼いてみることにしました。

焼くにあたって四角や丸の塊では面白くないな、と洗って乾燥させていた原型に押し付けてみました。

miniaturebisuquedoll

何ということでしょう、ほぼ正確に写し取られています。

まぁ、知ってたけど。いや、そうなるとは思っていたけど必要がなかったからしなかっただけ。

…なのですが、やってみて思いました。

「これは使える!」

 

随分前に、ハンプティ・ダンプティを作ろうと卵型を作りましたが、卵に見えないので没にしました。

でも、鶏の卵を何回か型取り&ビスク焼成(2割縮む)して縮小したら、理想的な卵型が手に入るではありませんか!しかも、脆いグリーンウエアと違い、使い慣れたスカルピーでの卵型が手に入れば、どんなハンプティ・ダンプティでも作りたい放題。いやいやいや、嬉しい。

しかも、リプロダクションモールドからスカルピーで複製したら、かなり思い切ったカスタム出来るんじゃないか!?それに、ちょっと楽して原型作れるんじゃないか!?全部はバレるとしても、一部だけなら分からない!?

 

……と勢いでくだらないことを考えてしまいましたが、リプロダクションをスカルピーで型取りなどはしません。私は「オリジナルビスクドール」を作っていると標榜していますし、もしリプロダクションモールドをカスタムするとしたら、それはもうオリジナルではありません。カスタムするならそうならそうと明言しますし、そもそも楽して原型作ろうとは思いません。作ること自体が楽しみなので、楽するなら自らそのための技を編み出したいと思うし、それがまた作る楽しみなのです。


 

最近、トレースだパクリだ、とTwitterで目にすることがあります。可・不可の基準は人それぞれですが、少なくともオリジナルでないものをオリジナルのように見せかけるような事はしてはならないと思います。人が作ったものを横取りして「オリジナル」などと言うのは言語道断です。

 

今回、便利だな、と思った「石膏型でスカルピー複製」は、卵やその他の身の回りの単純な形のモノを型取りして、そこから私だけの何かを作り出したい。

簡単に複製出来るからこそ、モノ作りとしての矜持を胸に精進していきたいと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
| 作ってます | comments(2)
#月夜の物語展

開催が近づいてきました!

 

Moon Garden 月夜の物語展

 

2018年7月12日(木)〜17日(火)

 

12:00〜20:00 最終日17時閉場

 

場所

Moon River Gallery

札幌市中央区南1条西1丁目13−1マナー白鳥806号室

 

今回、とある人に見ていただきたい、と想定して出展する人形を選びました。

最新の、今の私の渾身の力で作った人形だけでなく、過去にこんな人形も作ってたし、色々やってたんだよ、と見ていただけたらと思いました。

過去作は、比較的お求めいただきやすい価格にしています。是非実物をご覧ください。

 

出展作品をいくつかご紹介します。

男の子と女の子の「月光」

miniaturebisuquedoll

 

「スグリ」は2cmながらもセクシーさを漂わせています。

アンニュイな人。

miniaturebisuquedoll

 

人形の人形。

今日は何をして遊びましょう?

miniaturebisuquedoll

 

月夜の物語に続いては、

8月11日〜13日まで、三省堂書店池袋本店書籍館4階にて開催の、

「グリモア堂」に出展します。

妖精の子を送り出したいと考えています。

こちらも、乞うご期待!

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
| 作ってます | comments(2)
「月夜の物語」

先日のドールワールドフェスティバルに於いては、多くの方々とお話しさせていただき…、いえ、私の言いたいことを延々聞いてくださった皆様方、誠に有難うございました。また、お買い上げいただいた皆様方には格別の御礼を申し上げます。

 

さて、今回も「健康を損ねない制作」を目標としておりましたので、終了後もすぐに創作に励んでおります。

次のイベントはこちらです!

 

「月夜の物語」展

Moon Garden

憧れの地、札幌でのイベントです。

7月12日〜17日

札幌市中央区南1条西1丁目マナー白鳥806号室

Moon River Gallery

 

創作人形&ミニチュア作品です。

北海道の皆様、是非お越しください。

 

奇しくも「月光」と名付けたこの人形、男子バージョンでお届します。

5.8cmのお耽美くん❤。

miniaturebisuquedoll

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
| 作ってます | comments(0)
#ドールワールドフェスティバル

 

今年もやってまいりました、本日はドールワールドフェスティバル。

年々内容が充実し賑わいを見せる人形の祭典です。

 

場所は浅草は浅草寺から徒歩1分の産業貿易センター。

ミニチュアショーも同時開催です。

 

あいにくの天候ですが、満開の紫陽花を眺めながら街を散策し、お昼に美味し鋳物を召し上がって浅草寺でお参りされたら、締めはドールワールドフェスティバルへ。

 

あなたの財布を空っぽにする魔物が潜んでおります。

でも大丈夫です。

ドールワールドフェスティバルではカードが使えます。

 

さぁ、欲望にを任せにお越しください。

 

雛罌粟人形堂では、新しい「蜂蜜」が皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
| 作ってます | comments(0)
#アリスの屋根裏

爽やかな毎日が続くと気持ちから元気になります。手はなかなか動きませんが、あれもしたいこれもしたいと妄想だけはぐんぐん膨らんでいます。

 

さて、妄想を掻き立てるイベントをご紹介します。

 

ドールとミニチュア作品フェア『アリスの屋根裏』。

2018年5月26日(土)〜29日(火)の4日間神保町いちのいち名古屋店にて開催されます。

アリス+屋根裏ですよ。もうノンストップ妄想ですよ。

 

私は秘蔵っ子の「クチナシ」と「鈴蘭」を出品します。

今まで様々なイベントに出展しましたが、名古屋は初めてなので、お近くの方に是非ご覧頂いたいと思っています。

正直なところ、買っていただけると大変嬉しいですが、小さくて可愛くて物語を一杯詰め込んだ人形やミニチュアがたくさん集まりますので、気持ちの良い気候の週末にぶらりとリアルサイズ親指姫たちを見にお越し下さい。

続きを読む >>
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ
| 作ってます | comments(0)
| 1/98PAGES | >>